アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス

自分の本来の声を見つけると人生がかわる

アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス(Uncovering the Voice)とは、

Uncovering=覆いが取れた

the Voice=声

と訳すことができます。

この歌唱指導法はスウェーデン人のオペラ歌手であったヴァルボルグ・スヴァルドストローム=ヴェルベック(1879~1972)が自らの声のトラブルから再生するために生まれました。

ヴェルベック 90歳当時

 

彼女は長年の歌手活動で声帯に麻痺が出てしまいました。

そのトラブルがきっかけとなり、声帯だけに頼ることなく、余分な力を抜いて、力むことなく、体をリッラクスさせたまま、全身を楽器のように響かせて歌える方法を模索しました。

その時に彼女が一番に重要とした音が「NG」という音です。

実際に「NG」音を出してみるとお分かりになるように、鼻の周囲にやさしく響く音です。

ダメージを受けてしまった声帯にはほとんど無理をかけず、柔らかに響く音です。

この「NG」音を基として、それに様々な母音・子音を組み合わせてヴェルベックは声を再生していきました。

そのプロセスを経て、ヴェルベックは「人間の声は生まれながらにして、美しく、正しい」という結論に達します。

自分の本来の声とは、声の欠点ばかりに着目して、そこを矯正して自分の理想とする声に作り直すという事ではありません。

常にそのようなアプローチ方法だと、自分の本来の声はあなた自身にも気が付けれずに忘れさられたまま、ずっと隠され生かされない宝物のような状態になってしまいます。

「美しく、正しい」声の響きを妨げている覆いの原因を、そっと、そっと、その人のペースに合わせて、一枚、一枚取り除いて行きます。

そうやって丁寧に声との関係を育んでいくことは、自分をより良く理解していくことにも繋がります。

ヴェルベックの著書「歌声の覆いを取る教程」から一文を引用、ここに紹介します。

「声の育成における全ての作業、全ての努力は解き放つこと、声が「やってくる」のを妨げている覆いを取り除くことに他ならない。今日の歌唱教育における根本的な誤りに出会う。つまり人間の「声」は「形成」を必要としない。声はそこにある。完成され、輝く存在として。声は解放されるのを待っている。声の解放、より正しくは声の覆いを取り除くというべきで、声を形成するというべきではない。」

アトリエ・カンテレで提供しているレッスンの詳細は下記へ。

https://kantele-voice.com/lessonsummary/lesson/